カテゴリから探す

自治体から探す

寄付金額から探す

お気に入り

加賀屋別邸 松乃碧ペア宿泊券 (1泊2食 ツインベッドルーム 和洋室)

寄付金額: 400,000円

お礼の品について

容量

ペア宿泊券
1泊2食付き ツインベッドルーム和洋室

平日のみ(土曜日、休前日、8/10~8/15、12/28~1/3不可)
※上記以外の休日は利用可能

消費期限

宿泊券発行日より1年間有効

アレルギー

-

事業者

-

自治体での
管理番号

E002-NT

お礼の品ID

4632692

お申し込みについて

申込条件

何度も申し込み可

申込期日

-

発送期日

順次発送

配送

常温,別送

平成27年10月にオープン。
館内は輪島塗、九谷焼、大樋焼など地元伝統美に包まれた美術館。
加賀屋別邸松乃碧は“大人のくつろぎ”をテーマに、静けさとゆったりとした時間をお愉しみいただけるお宿です。


宿泊券発行日より1年間有効 
平日のみ(土曜日、休前日、8/10~8/15、12/28~1/3不可)
※上記以外の休日は利用可能

予約状況により、ご希望に添えない場合がございます。
またご利用日について、設定除外日がある場合がございます。
詳しくは施設へ直接お問い合わせください。

【松乃碧という宿名について】

「松」
松は最も位の高い木でございます。
古来より神聖な木、長寿を象徴する木とも尊ばれ縁起が良く、加賀屋の別邸という位置付けを表しております。玄関口には昭和天皇お手植えの松がございます。
七尾出身の画家・長谷川等伯の代表作”国宝「松林図屏風」”の一文字でもあり、松林図屏風は庭園のモチーフにもなっております。
並びに和歌では「待つ」の掛詞として使われていることから、お客様をお待ちするおもてなしの心を表現しております。

「碧」
碧(みどり)は若々しさを表す色でございます。
「明日への活力注入業」である旅館名として、若々しい活力、そして明るい朝日をお客様に感じていただきたいという想いを込めました。
「水天一碧(すいてんいっぺき)」という言葉がありますが、その意味は水と空が一続きになって、一様に青々としていることです。水天は海と空、一碧は一面が深い青緑色になることを表しており、”碧”の文字によって、世界農業遺産に認定された能登の自然の豊かさを表現しております。

旅館・民宿のランキング

お気に入りに登録可能な件数の
上限は40件となります
お気に入りの確認・解除はこちらから

OK

寄付リスト内に同一の返礼品が存在しているか、
追加できる上限数量(9個)に達しているため、追加できません

OK

寄付リストへ追加しました

寄付リストに追加しました

OK