カテゴリから探す

自治体から探す

寄付金額から探す

お気に入り

A9203 【川連漆器】東京汁椀(朱)

寄付金額: 5,000円

お礼の品について

容量

【漆器】:汁椀 
【サイズ】:直径11.8cm×高さ6cm
【個数】:1 
【色】:朱 
【材質】:天然木 
【塗装】:天然漆

消費期限

-

アレルギー

-

事業者

佐藤善六漆器店

自治体での
管理番号

A9203

お礼の品ID

4711410

お申し込みについて

申込条件

何度も申し込み可

申込期日

-

発送期日

-

配送

別送,包装,のし

オーソドックスで実用的な汁椀で、普段のシンプルなお味噌汁にちょうどいいサイズです。1950年代、川連漆器業界が、東京進出を目指して統一デザインしたことから、東京汁椀と呼ばれている、川連の汁椀の定番です。
1872年(明治5年)創業、伝統的工芸品 川連漆器を製造する佐藤善六漆器店により造られました。川連漆器の特徴の一つである、花塗り(はなぬり)という高度な技法で塗り上げられています。花塗りとは、塗った後に研いだり磨いたりせず、漆の流れを予測し、刷毛で塗り上げ、そのまま乾燥させる技法で、優しく柔らかな風合いに仕上がります。天然の木地に、天然の漆を使い、職人の手により一つ一つ丁寧に塗り上げられていて、使うほどに、色艶が出て、漆の味わいを楽しむことができます。漆器は、プラスチックとは違い、熱が伝わりずらく、保温効果があり、持っても熱くなく、料理も冷めにくい優れた食器です。

《川連漆器の歴史》
川連漆器の始まりは、約八百年前の鎌倉時代、源頼朝の家人で稲庭城主の小野寺重道の弟、道矩が、現在の秋田県湯沢市川連町に居住し、豊富な木材と漆を用い、家臣に内職として武具に漆を塗らせたのが始まりと言われております。江戸時代初期、本格的に漆器産業が始まり、後期には幅広い生活用品がつくられました。昭和51年に、国の伝統的工芸品の指定を受け、今では全国でも有数な産地として成長しております。

【製造元】佐藤善六漆器店
【URL】https://zenroku.jp/

【特記事項】天然木、天然漆を使用している為、電子レンジや食器乾燥機は使用しないでください。汚れた場合は、柔らかいスポンジに食器用中性洗剤をつけて優しく洗ってください。長時間のつけ置きや、磨き粉、タワシの使用はお避けください。
手仕事によるため、サイズ、色は多少個体差があります。また、モニターやブラウザなどによって、実際の色と異なる場合がございます。
【発送について】お受け取りになれない曜日やご不在期間がある場合は、備考欄でお知らせください。

【※注意事項※】~配送業者からのお願い~
1.長期不在など受取りできない期間がある場合は必ずご記入ください。
2.寄付者と特産品の受取人が違う場合は、必ず事前に受取人にご連絡をお願いします。「覚えがない」と受取辞退されると返品されてしまいます。

陶磁器・漆器・ガラスのランキング

伝統技術のランキング

お気に入りに登録可能な件数の
上限は40件となります
お気に入りの確認・解除はこちらから

OK

寄付リスト内に同一の返礼品が存在しているか、
追加できる上限数量(9個)に達しているため、追加できません

OK

寄付リストへ追加しました

寄付リストに追加しました

OK