カテゴリから探す

自治体から探す

寄付金額から探す

お気に入り

<山中塗> 中棗 細独楽 1個

寄付金額: 36,000円

お礼の品について

容量

木・漆・化粧箱(日本製)1個
サイズΦ6.7×7.0

消費期限

-

アレルギー

-

事業者

-

自治体での
管理番号

AE94-NTZ

お礼の品ID

4917573

お申し込みについて

申込条件

何度も申し込み可

申込期日

2020年9月1日 12時~

発送期日

順次発送いたします

配送

常温,別送

栃を素材に轆轤挽きにて仕上げた2.2中棗の細独楽です。
細い轆轤筋と色鮮やかな独楽文様が特徴のお棗です。

茶道をたしなむ方への贈答品などに最適です。
また最近では、小物入れ代わりに使用する方も増えています。
内側の塗りは黒漆となります。

※棗・茶入れとは

濃茶の茶入に対し、薄茶を入れる容器の総称。薄器とも称する。

代表的なものを棗(なつめ)といい、これは濃茶入の挽家(ひきや)(保護のための容器)から生じたとされ、ナツメの実に形が似ている。

棗には中次(なかつぎ),雪吹(ふぶき),寸切(ずんぎり)などの形があり、漆器がほとんどであるが、木地,象牙,竹,一閑張,籠地,陶磁器,金属などもある。代々の茶人が様々な好物の形を生んで,茶器の内容を豊かにしている。


<山中木製漆器の特色>

 白木地を鉋と呼ばれる特殊な刃物で回転させながらくりぬく轆轤挽きに優れ、主に椀銘々皿、茶托などの丸物の製造を得意とします。特に棗などの茶道具の木地は全国の8割から9割を山中で挽いています。

 山中の挽物を特徴づけている筋挽きは木地に鉋で挽目を施し、一種の意匠とするもので、糸目筋、ろくろ筋、びり筋、平みぞ筋、稲穂筋、柄筋など約五十種類あります。豊富な木地の材料に恵まれた山中塗は欅、桜、栃などの材料を大小様々な器物に用いて用途に応じて下地~塗~蒔絵の行程へと進み、美しい色つやの漆器が完成致します。
当然、ほとんどの制作行程が手作りな為、原木の乾燥から完成までに要する時間は長いもので1年以上かかります。

【お礼の品に関する問合せ先】
有限会社大尾嘉漆器 TEL:0761-78-0306

陶磁器・漆器・ガラスのランキング

お気に入りに登録可能な件数の
上限は40件となります
お気に入りの確認・解除はこちらから

OK

寄付リスト内に同一の返礼品が存在しているか、
追加できる上限数量(9個)に達しているため、追加できません

OK

寄付リストへ追加しました

寄付リストに追加しました

OK